凡夫のたわ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 凡夫の勘違い(心と煩悩)

<<   作成日時 : 2006/09/03 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人の心ほど曖昧で、煩悩のおもむくままに、何とでもなってしまう、
現実逃避型(妄想的)のどうしようもない性質があるのではないかと思います。

常に警戒をしていないと煩悩によって心が歪められ、正しい現実を見ることが出来ず、
自分の思うがままに、いろいろな事柄を次々に決めてしまうのではないかと思います。

仏教では心の持ち方に関して多くの教えが残っています。
そして、心を正しく持つことの大切さを主張し、戒めています。
要するに、自分が考えることや、思うことは、どのようにでも展開が可能で、
事実無根の考えを多く生じている場合が多いように感じます。
私、ぼんぷの場合も、それに相当します。

具体的にいうと、
他の人の心の中を全部、分かっているかのように勝手に自分で他人の状況や
心を決めつけてしまう傾向が強いと思います。いわゆる、勘違いです。
多くの場合、このことが、人間関係における問題の原因になっている場合が多いと思います。

ぼんぷの私の場合も、このようなことは何度も経験しています。いろんな出来事に関して、
自分の行なっていることは棚の上に置いて(気にせず)、他の人の事ばかり気になり、
自分の思い通りに、成らない事が生じると、自分で勝手に思い込んで、他人の所為(せい)にする、
そして、その勘違いを積み重ね、怒りを生じさせてしまうのは、常の事と思います。
凡夫なるが由縁に他なりません。(癡や慢、執着(貪)等が原因になっていると思われる)

ですから、自分の思っている事と、現実に起こっていることの、多少のギャップ(問題発生)
を感じた時には、今一度、自分の心を見つめなおしてみることの大切さが必要ではないかと思います。

仏教では、煩悩にとらわれない心で、現実を正しく見ることの大切さを主張していますが、
ぼんぷには、「煩悩にとらわれない心」は、難しいので、できるだけ気を付けるよう心がけています。


散歩道で、朝顔の花を見かけました。




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
凡夫の勘違い(心と煩悩) 凡夫のたわ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる