凡夫のたわ言

アクセスカウンタ

zoom RSS おじや縁起

<<   作成日時 : 2008/02/25 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とても奇妙な食べ物を作り出してしまいました。

C級グルメ以下、犬のえさにも、ならないかもしれないと、お笑いに
なる方もいるかとも、思いますが、凡夫としては、とても気に入っています。

ことの起こりは、
去年の冬、2007年の正月過ぎのことです。
1月8日の夜、ひどい動悸が起こり、ほとんど寝付かずに、一夜を過ごしました。
翌日、即、お医者さんに、行って見てもらいましたが、特に異常は、無いということでした。
その後も、たまに、奇妙な感じをすることもありましたが、現在は、だいぶ落ち着いています。

その当時は、とにかく、食べるものが良くないのではないかと、思い、
だいぶ、長い期間、お酒(晩酌)を飲むのも、やめていました。(飲む気になれなかった)
それから、ウォーキングも毎日の運動として、始めるようにしています。

朝食は、だいぶ以前から、パン食でしたので、パンをやめてみようかとも思っていたら、
テレビのニュースで初めて、マーガリンのトランス脂肪酸のことを知り、マーガリンを
やめることにしました。(トランス脂肪酸に関しては、このブログの他の記事を参照)
心臓の動悸と、マーガリンとが直接関係あるのかは、はっきりしません。
運動不足も、動悸の原因としてあると思いますが、現時点では、
日本でのマーガリン摂取は、とても危険な行為ではないかと思います。

ちょうど、この頃だと、思いますが、牛乳を豆乳に変えて、さらに、
マーガリンをやめて、イチゴジャムをつけることにしました。
豆乳は、無調整のものでしたので、あまりおいしくは、なかったような気がします。

そんなある日、
ちがゆを思いつき、ちょっといたずら半分に、豆乳を使った、おじやのような
ものを作ってみようと思い、試してみたら、結構、食べれそうだったので、
豆乳のおじやを朝食に食べるようにしました。これを思いついたのが、
3月頃でしたので、その後は、1ヶ月程度しか、豆乳おじやは、食べていなかったと思います。
この当時のおじやは、玉ねぎ、イチゴジャム、バターは使っていませんでした。

夏の暑い時期は、土鍋料理は、食べたくはないので、
その後は、普通にパン食を続けていたと思います。
食パンに、イチゴジャム、とバターをつけて食べていました。
それから、豆乳も、、、、。

去年(2007年)の11月頃から、再び、豆乳おじやの再開です。
その頃から、玉ねぎ、イチゴジャムとバターが材料として加わったと思います。
要するに、冬の寒い時期は、食パンを、ご飯に替えて、玉ねぎと一緒に混ぜている
だけの、単純料理です。以上が、豆乳おじやの縁起物語です。

土鍋蒸し、豆乳おじや、いとうまし。

豆乳おじやの作り方ページ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじや縁起 凡夫のたわ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる