凡夫のたわ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲刈り

<<   作成日時 : 2006/09/23 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は、田舎(生まれ故郷)へ帰って、稲刈り(農作業)を
手伝ってきました。
今は、「コンバイン」という、稲刈り専用の機械があるので
昔(30年程前)と違って、かなり楽のようです。

昔は、稲を一束づつ刈り取って、それを天日に乾かした後、
脱穀しましたが、現在は、稲刈り専用のコンバインで
一気に刈り取りと脱穀をやってしまいます。
そして、この後、籾(もみ)を乾燥機に入れて乾燥させます。

稲穂から脱穀をした後の稲の穂は、「籾(もみ)」と呼び、
この籾から、籾殻を取ったものが「玄米」になります。
通常は、更に、精米をして、一般的に知られている
「白米」と呼ばれるお米が出来上がります。

稲は、稲穂→籾(もみ)→玄米→白米、と加工されます。

なれない農作業をしたので、体がくたくたで、
2〜3日は、腕やら足やら、体中が筋肉痛でした。
「稲穂たれ、脱穀もみすり、指のきず」

本日は、お彼岸の中日で、秋分の日です。この時期は、
田んぼのあぜや、川の土手などに、自然に生えている
彼岸花の真っ赤な色が良く目立ちます。
「あぜ道に、赤透き通る、彼岸花」




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲刈り 凡夫のたわ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる